スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSP超電磁砲 第三章 感想

第三章 「死神カキコ」



ネタバレ全開なので、未プレイの人は注意です。




第三章クリアーしました…!
なんか長くて色々濃ゆい章でしたね…。
…バッドに大量にいきまくったから長く感じたのかもしれませんが。
ていうか難易度上がってません…?何度バッドいってうわあああああああ
となったことか…
しかも…な、なんか…怖くなってきましたね…。
1,2章はいちおう後味のいい終わりっていったらあれですけど、
めでたしめでたしエンドだったけど、
三章は、見事に美琴達の頑張りが全て無駄だったどころか
敵にまんまと利用されてしまい、や、やられたっ…!ていう終わりとか。
これバッドじゃなくて、トゥルーですよ。
まあつまり、こっから美琴達のリベンジマッチが始まるんでしょうね。
でもアクションは、今のとこ一番迫力あってすげえ燃えた!!

今回は、ほのぼの!!ニヤニヤ!!
百合好きな人には、たまらんぬな、まったり章じゃーん!
と思ったらまさかのどんでん返しで最もシリアスだった…と。
あああううう…なんか余韻が残ってて、え…、え……って感じがまだ…。
このほのぼの日常とシリアスがコロッと切り替わるところ…
まさに超電磁砲だわ…。

今回は珍しく、美琴と佐天さん二人きりという場面から始まります。
今までのエピソードでは二人が中心に話が展開していたとはいえ、
黒子初春コンビがいないのは、なんかすごい寂しいですね。
二人には電話も通じない模様…ジャッジメント関連の仕事なんだろうと予想します。

そんな中、唐突に婚后さんが出現したり、
佐天さんが行方不明になってめちゃくちゃ捜しまわったりと
序盤はまったりほのぼのと第七学区巡回ツアー化してました。
こういうところ、アニメや漫画では味わえないような、
まるで自分が学園都市にいるような、美琴目線というか
そんなものを味わえるのもゲームの醍醐味ですね。
美琴と婚后さんという珍しいペアってのも新鮮でしたしね。
佐天さんに散々振り回されつつも心配で放っておけない
美琴の保護者っぷりがたまらんw
まあ佐天さんとか事件に巻き込まれる才能だけはレベル5だから
気持ちは分からなくもないですけどね!

ジャッジメント「あら、そう言えばその制服……常盤台ね。
        もしかして噂の白井さんの禁断の恋人?」
美琴「違います!!」


ここ笑ったww禁断の恋人…だと?どんな噂になっているんだ…!!
結局佐天さんは途中で偶然出会った初春さんに監視カメラから捜索してもらいました。
こういうところは黒子よりも頼りになりますよね。

初春「小さな子供と一緒に、あんまり柄の良くない人達に囲まれているようです」

やはり事件巻き込まれ能力を発動させていたようですね!!
当然現場に急行する美琴&婚后さん。
てか佐天さんと一緒にいる子供って…制裁指導の時会った子!?
普通にモブAと思ってスルーしてたら…もしや重要人物!?
どうやら佐天さんは子供がさらわれそうだったので助けに入ったようです。

美琴「うっさいわね。気安く触んないでくれる?触んなっつの!」

美琴にボディタッチ…だと!?
羨ま…いや、け、けしからん…!!
で、例の如く能力でスキルアウト達を追っ払っいます。

佐天さん情報によると、アンチスキルは緊急の大仕事を任されていて
ジャッジメントが、アンチスキルの代役として忙しくなってるらしいのです。
ファミレスに戻って、黒子初春コンビも合流するや否や
黒子に事情を聞きだそうとする美琴。

黒子「お姉様が思わずヨダレを垂らして首を突っ込みたがる
   ような大事件なんて起きていませんわ!!」


とか言いつつもなかなか口を割ってくれない黒子。
この子何気に真面目だからなぁ…やっぱ事情を聞きだすなら黒子じゃなくて…

美琴「そう、なら仕方ない。
   黒子は諦めて初春さんを攻め落とそう」


美琴が初春を攻め落とす!!攻め落とす!!!

労いつつ、甘いもので釣り、そして――

初春「え、え?あのっ」
美琴「何ならこのスプーンで、はいあーんってやっちゃうぞー?」
初春「ふわーっ!!!!!」


うわああああああああああああ!?!
ありがとうございます!ありがとうございます!!
CGいただきましたああああ!!!

これは落ちる!!落ちる以外の選択肢などない!!!
しかし、その前に耐えきれなくなった黒子が先に口を割ります。

黒子「むしろしゃべったわたくしに、はいあーんと……」

駄目だこいつwww

で、肝心の事件内容…
アンチスキルは死神カキコのせいでVIP警護に忙しい…
そのためジャッジメントがアンチスキルの代役に駆けまわっているらしい。

さあ出てきましたよ『死神カキコ』
章のタイトルになっている超重要ワード!
その言葉に反応するのは佐天さん!…ということはこれも都市伝説か?

都市伝説『死神カキコ』
死神カキコというのはハンドルネームのこと。
掲示板に名指しで謎のアドバイスを残していくらしい。
しかしそれは表向きの話で、その正体は犯行予告…
アドバイスをするふりをして、自分で実際に事件を起こすというもの。
でも『死神カキコ』はもう荒らしの定型文みたいになっているらしいです。

で、その『死神カキコ』からアドバイスがあったらしいのです。
とあるVIP様、一澤暁子が講演に向かう途中でテロに遭うかもしれない、と。
アンチスキルは警護に忙しく、『死神カキコ』のことは追っていないらしい。
ジャッジメントは自主的に『死神カキコ』調査チームを立ち上げていて、
黒子初春コンビもそれに参加しているんだとか。
リーダーの名前は逢辰千余。
初春曰く、数々の事件を解決してきた超エリートジャッジメントとのこと。
黒子も将来的には超エリートジャッジメントになってそうですけどね。
もちろん、これを聞いて黙っていない美琴、佐天さん。
黒子に取り合って貰い、調査チームへの参加を認められます。

逢辰先輩の指示で、4人は犯行予告が書き込まれたネット喫茶へ。
防犯カメラから怪しい人物が出入りしていないか調査を開始します。
ていうか事件の犯人が読心能力者対策…とか、さすがは学園都市だなあ…。
そういう発想があるわけですね。
そして、ニット帽にサングラスに手袋…という超怪しい人物が映ってるのを確認。
これだけ目立つ格好なら目撃情報があるのでは?…と、手分けして聞き込みに行くことに。

黒子「て、手分け!ということはお姉様は
   わたくしとペアを組んで調査したいのですね!?」


え?

佐天「てことは御坂さん、もしかしてあたしとペアを組んで
   調査しちゃうつもりだったりします?」


ええ!?

初春「私なら、御坂さんの推理を、データの面からがっちり
   裏付けしてみせますっ!」


おおおおおおお待て待て待て落ち着けえええええええ!!!!!
みんな、美琴が大好きなのは分かるけど、一体どうしたというの!!?
ようは…お供につける相棒を1人選べるということみたいですね…
選ぶのは当然プレイヤーなわけですから、
美琴視点ではないとはいえ、少し美琴とプレイヤーがシンクロしますね。
えっていうか1人だけ選べなんて無理でしょ!?
だって全員同じくらい好きなんだよ!?

いいぜ…てめえがこの3人から誰か1人だけを選べというのなら…
まずは、そのふざけた幻想をぶち殺す!!


と言って単独行動にしてみたらバッドエンドとかもう…、もう…!!
酷い、酷過ぎるううう…残酷だ…
それにしても、やっぱりみんな年下ってこともあって
美琴が優しい眼差しで見守るような雰囲気が出ててすごい微笑ましいです。
後輩達は後輩達で、美琴の役に立とうと精いっぱい頑張ろうとしてるんですよ!
張り切りすぎて空回りしちゃうときもあるけど…
とにかくこの子達むちゃくちゃ可愛くてしょーがないですよ。
黒子も初春も佐天さんも。
おっと…美琴と視点が重なってしまった…!

ま、まあギャルゲーとかでまず最初はメインヒロインから攻略するように…
やっぱりパートナーとしては黒子が手堅いのかなあ…と。
てことで黒子選択。
あー…もう…美琴が名指しした時の喜びようが可愛すぎてやばい。
可愛い…黒子可愛い…頭撫でたい…!
よっしこれはもう完全に美琴主人公の百合ゲー!
開き直って黒子ルートを堪能するしかない!!

と、思っていたらこれがなかなかバッドいきまくりで…
調査で疲れてる黒子を気遣って休憩させれば、
優しくしてくれるお姉様に舞い上がって調査空周りするし…。
黒子のテレポじゃ不安だからドアの解錠美琴に任せれば
超電磁砲でぶち破って、火薬に引火させてドッカーンされるし…。
ギャルゲー的に、ヒロインを気遣うのは好感度アップでいいこと的な
感覚があるのですが…うーん、ムズイですね。
狙ったようにことごとくうまくいかねえ…!
いや、でもね、でもね…バッドだったけど、バッドだったけど…!!

美琴「私、黒子とペアを組んで本当に良かったわ」

っていう美琴の最高のさらりとしたデレをね、
ちゃんと佐藤さんボイスで聞けただけでも収穫だと思いますよ!?

これは初春、佐天ルートもやってみたいですよね…!

で、事件の本筋。
黒子と一緒の調査で、遂に『死神カキコ』が
潜伏していたらしいアジトの跡地を発見。
初春、佐天を召喚していよいよクライマックスです。
このアジトで作られていたのはロケット砲。
なんと、それをテロに使用するつもりのようなのです。
材料から見積もって、その数なんと150本!!
まずい、これは止めなければ。
しかし、犯人はどこで、ロケット砲を構え準備しているのか?
そう、『場所』が分からない!

ということで、犯人の居場所をジャッジメントモードで推理するのですが
これもまたバッド!バッド!ムズいよー。
3回目でようやく、あ!ロケット砲の射程距離って!?
ということに気がつくという馬鹿さ加減……はあ。
半分くらい、美琴達の会話で、なーるほどおお!状態ですからね。
なんというw

逢辰先輩から送られてきた、移送ルートと照らし合わせ
襲撃の阻止に向かう、美琴黒子コンビ。

美琴「時間がないわ!行くわよ黒子!!」
黒子「はいっ、お姉様!!」


二人の出陣シーンがかっこよすぎるww
こっからが怒涛のノンストップですよ。
アクションパート…空中で連携とる美琴黒子かっけえ!

美琴「うちの黒子を使いなさい!テレポーターよ!」
黒子「お姉様は!?」
美琴「いいから早く!私を信じて!!」


何なの、この会話熱いわ。
”うちの黒子”に反応してしまう…もう駄目だ…
こっから美琴の一人語り(心の中でだけど)がさらに
心をヒートアップさせてきます!自然と高まる緊張感!

psprail03blo.png

最後の連打、すごい熱くなりました。
…。
ま、最初は失敗したんですけどねー?
ていうかアクションは必ずと言っていいほど失敗しますww
どうにかしてくれこれぇ…

よっしゃ、一澤暁子っつーVIPも守ったし今回も一件落着ー。
と思ったら、美琴達が守った一澤暁子は影武者だったらしい!
な、なんじゃそりゃ…!?
逢辰先輩からの警告で、一澤暁子の移送ルートが急きょ変更されたんだとか。
ここで美琴は気づきます。
『死神カキコ』の狙いは…一澤暁子の移送ルートを変更させる事!
そう、アンチスキルの人数を分散させるため!
少数になった護衛…もちろんロケット砲なんかも使わずに一澤暁子を拉致れる!
すぐに一澤暁子護衛チームに連絡をとりますが、繋がりません。
…自分達は『死神カキコ』にハメられていた!

そして、初春から連絡。
逢辰先輩がみつかった、と…。
実は逢辰先輩は数日前から何者かに監禁されていたらしく、
別にエリートジャッジメントでも何でもなく、データも全部デタラメ。
ジャッジメントのデータベース自体がが改竄されていたのです!
え?と…いうことは…?

初春「私達が連絡を取っていた逢辰先輩はニセモノだったんです!」

な、なんだってー!?
なんか急展開になってきたぞ!?

美琴「……最初から、全部アイツの計画だったんだわ。
   くそっ!!やられたわね。
   私達は死神カキコに踊らされていたのよ」


そして、一方拉致られた一澤暁子…
この誘拐犯は…制裁指導のラストで出て来た黒幕っぽいやつか!?
そしてこの誘拐犯の真の目的は『八段階目の赤』
な、何だそりゃ!?
その言葉を聞いて驚きのあまり固まってしまう一澤暁子。
聞いた感じ、何かのシステムの名前のようですが…
そのシステムに侵入するには、上位研究員クラスの脳波が必要。
誘拐犯はそれをいただくために一澤暁子を誘拐したようです。
でも、脳波は聞きだしたりするものではない…ではどうやって持ち出すのか?
…ここは学園都市。『脳波をコピーする能力者』がいるとすれば…?
って、この子供はー!?
序盤で、佐天さんがスキルアウトから助けようとした子供…
名前は二石香車(ふたいしきょうしゃ)…またすげえ名前。
っと、これ聞き覚えあると思ったら制裁指導エピにちらって出てたんですね。
テスタメントで頭をいじって、脳波をコピーする能力者にされた…らしい。
この誘拐犯はテスタメントの扱いにかなり慣れているようです…
そしてカミキリムシや制裁指導を煽り利用していたのもこの人だったわけですね。
やっぱりこいつが今回の黒幕…!!
脳波をコピーした子供は、コピーした途端に意識を失い倒れてしまいます。
この黒幕、この子供までも騙していたようです…うわわわわ…
てか、他人の脳波で意識を失うって…レベルアッパーでもありましたよね。

一澤暁子を殺しはしなかったものの、
目的の邪魔をするのならば、次は容赦なく殺すと警告だけ残し誘拐犯は消えます。

ここで第三章が終了…。

ええええ!?やっぱ最終的にはこいつと相対する事になるのかなあ。
すごいっすよ、オーラが。声的にアニメになったら顔芸しそうだけどさ。
こっから怒涛のシリアスになりそうな予感…
キーとなってくるのは『八段階目の赤』…ですかね、やっぱり。

ううう…怖そうだなーこの先…今の段階でもかなり怖いのにさ。
だってさ美琴まったく臆さないんだもん。
どんどん怖い方向にいっちゃうんだもん。
でもこえええええとか言いつつPSP握りっぱなしなんだろうなぁ…w
果たして黒幕と美琴達が相まみえる時は…!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : とある科学の超電磁砲
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

万十

Author:万十

●基本アニメ見たり絵描いたり。
学園日常モノ作品愛でてます。
脳内フィルターは百合傾向。
ゲームはちょっとだけ。
好きな食べ物はオムライス。
水分の摂取は主にトマトジュース(食塩無添加)。

●ちまちまと同人活動中。
現在参加を画策中のイベント↓
・(一般)コミックマーケット85

●好きな作品とか
・デジモンシリーズ
・金色のガッシュ!
・銀牙シリーズ
・魔法先生ネギま!
・HUNTER×HUNTER
・出ましたっ!パワパフガールズZ
・らき☆すた
・しゅごキャラ!
・ひだまりスケッチ
・ぱにぽに
・苺ましまろ
・ストライクウィッチーズ
・あずまんが大王
・とある科学の超電磁砲
・魔法少女まどか☆マギカ
・ゆるゆり

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
リンクとか
    Twitter
    Twitterボタン

    Pixiv

new!
↓一部委託開始!


一部通販中 休止中


参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
メールフォーム

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。